信岡家住宅中門及び塀 のぶおかけじゅうたくちゅうもんおよびへい

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 中国・四国 

広島県
江戸/1830-1867
門 木造、瓦葺、間口1.5m 塀 木造、瓦葺、延長10m
1棟
広島県福山市新市町大字戸手2166
登録年月日:20080418
有限会社信岡地所
登録有形文化財(建造物)

茶室の東南方に位置し、南北棟で建ち、南北に塀を延ばす。間口1.5m、切妻造桟瓦葺の1間腕木門で前後に控柱を建てる。茶室の場所に建っていた御成座敷のための門と伝えられ、妻飾りや菱欄間の意匠、板扉の金具等に御成門としての格式を感じさせる。

作品所在地の地図

関連リンク

信岡家住宅中門及び塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瀧口家住宅中門及び袖塀
信岡家住宅主屋
仁部家住宅庭門
森田家住宅中門及び塀
信岡家住宅東の蔵
ページトップへ