旧笹浪家住宅(北海道檜山郡上ノ国町) 主屋 ささなみけじゅうたく しゅおく

住居建築 / 江戸 / 北海道 

北海道
江戸後期/1801-1900
桁行16.1m、梁間11.8m、切妻造、石置板葺、正面庇付、板葺
1棟
北海道檜山郡上ノ国町字上ノ国236番地
重文指定年月日:19920121
国宝指定年月日:
上ノ国町
重要文化財

笹浪家は、上ノ国で代々漁業を営んだ家で、背後に急傾斜地のせまる海岸沿いにある。敷地は、上ノ国八幡宮の参道を挟んで東西に分かれ、東に主屋、西に土蔵が建っている。
 主屋は、石置板葺屋根で、土間に漁夫のたまり場があり、北海道の現存民家の最古の類に属するものとして価値が高い。土蔵も、主屋と同時代の建築で、ともに保存する価値がある。

作品所在地の地図

関連リンク

旧笹浪家住宅(北海道檜山郡上ノ国町) 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧笹浪家住宅(北海道檜山郡上ノ国町) 米蔵・文庫蔵
旧中村家住宅(北海道檜山郡江差町) 文庫倉
上ノ國八幡宮本殿
北海道上之国勝山館跡出土品
星名家住宅(新潟県中魚沼郡川西町) 主屋
ページトップへ