富士御室浅間神社本殿 ふじおむろせんげんじんじゃほんでん

宗教建築 / 安土・桃山 / 中部 

山梨県
桃山/1612
桁行正面一間、背面二間、梁間一間、一重、入母屋造、向拝一間
軒唐破風付、銅板葺
1棟
山梨県南都留郡富士河口湖町浅川
重文指定年月日:19850518
国宝指定年月日:
富士御室浅間神社
重要文化財

大型の一間社入母屋造本殿で、正面の向拝に唐破風をつけ、要所に彫刻をはめこんで華麗な装飾を施す。木割が太く雄健で全体の均整もすぐれ、関東附近には例の少い桃山時代の建築として価値が高い。
 もと、富士山吉田口登山道の二合目にあったが、近年里宮のある現在地に移された。

作品所在地の地図

関連リンク

富士御室浅間神社本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

北口本宮冨士浅間神社 拝殿及び幣殿
北口本宮冨士浅間神社 惠毘壽社及び透塀
北口本宮冨士浅間神社 手水舎
北口本宮冨士浅間神社 神楽殿
北口本宮冨士浅間神社 諏訪神社拝殿
ページトップへ