東光寺 大雄宝殿 とうこうじ だいおうほうでん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 中国・四国 

山口県
江戸中期/1698
桁行正面五間、背面三間、梁間四間、一重もこし付、入母屋造、本瓦葺
1棟
山口県萩市大字椿東
重文指定年月日:19660611
国宝指定年月日:
東光寺
重要文化財

東光寺は元禄年間萩藩主毛利家の創立で、裏には藩主の廟所がある。
大雄宝殿、鐘楼、総門は元禄創立の頃のものであり、三門は文化九年(一八一二)に造られた。黄檗宗が各地にひろまった時期の伽藍としては、いちばんととのったものである。

作品所在地の地図

関連リンク

東光寺 大雄宝殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東光寺 総門
東光寺 三門
東光寺 鐘楼
東光寺 鐘楼 三門 総門 大雄宝殿
聖福寺 大雄宝殿
ページトップへ