磯部の御神田 いそべのおみた

その他の画像全10枚中10枚表示

無形民俗文化財 / 近畿 

三重県
指定年月日:19900329
保護団体名:磯部の御神田奉仕会
備考:
重要無形民俗文化財

 これは皇大神宮(伊勢の内宮)の別宮伊雑宮(いぞうのみや)の御料田において行われる行事で、摂津の住吉神社のものなどとともに世に知られた田植神事である。これを輪番で執行している磯部九郷の人達の間では、この行事はオミタと通称されているが、文献には御神田と表記されている。
 この行事の起源について、行事最後の次第「踊り込み」の歌に「昔真名鶴磯部の千田に、稲穂落したそのまつり」とあるように、磯部に伝承される「鶴の穂落し」の故事に関わりがあるものと地元では考えられて来た。言い伝えによれば垂仁天皇の御代に、倭姫命【やまとひめのみこと】が神宮の御贄【みにえ】地を求めて志摩の国を巡られた時、伊雑宮のあるこの地で一基【ひともと】で千穂にもなる立派な稲をくわえていた鶴に遭遇したという。江戸時代元禄の頃にこの行事の存在を示す文献もあるとされるが、行事使用の太鼓を入れる木箱に文化五年(一八〇八)の墨書銘のものがあるなど、ともかくこの行事の由来を示す史料は江戸中期以後のものとなる。
 この行事に携わる磯部九郷の人達は、五知と上之郷、沓掛と山田、下之郷、穴川、迫間、築地、恵利原の各郷が、この組み合わせと順序で毎年交替で担当し、各々奉仕は八年目ごとに行っている。祭日は、明治四年一時中断する以前には旧暦の五月の吉日であったが、明治十五年復活してからは毎年新暦六月二十四日ということで日が確定して今日に至る。前日二十三日、船に乗り、伊雑浦へ漕ぎ出して潮垢離【しおごり】を掻き、当日二十四日は、早朝から諸役の一同(杁差【えぶりき】し二人、立人【たちうど】六人、早乙女【さおとめ】六…

作品所在地の地図

関連リンク

磯部の御神田チェックした作品をもとに関連する作品を探す

岩倉社のケベス祭
生里のモモテ
豆酘の赤米行事
会津の御田植祭
千屋代城のとうや行事
ページトップへ