樋越神明宮の春鍬祭 ひごししんめいぐうのはるくわまつり

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 関東 

指定年月日:20020212
保護団体名:神明宮春鍬祭保存会
備考:公開日:毎年2月11日(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などへご確認ください)
重要無形民俗文化財

樋越神明宮の春鍬祭は、毎年2月11日に神明宮で行われる稲作の予祝行事であり、神社境内の一部を田に見立てて稲作の作業過程を模擬的に演じ、その年の豊作や無病息災などを祈願する。氏子である6つの地区から禰宜、作頭、鍬持といった諸役を決め、クロヌリ(畔塗り)などの稲作の所作を行い、最後に鍬持が鍬を一斉に投げ上げ、人々がその鍬を競って奪い合う。この鍬は縁起がよい、養蚕があたるなどといって喜ばれる。また、作頭も初穂を投げ、この初穂をとった者は大豊作になるという。(※解説は指定当時のものをもとにしています)

関連リンク

樋越神明宮の春鍬祭チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ページトップへ