カササギ生息地 かささぎせいそくち

その他の画像全2枚中2枚表示

天然記念物 

2県以上
久留米市、柳川市、みやま市、三潴郡、佐賀市、多久市、小城市、武雄市、三養基郡、神埼郡、鳥栖市、杵島郡、鹿島市、嬉野市、藤津郡
指定年月日:19230307
管理団体名:福岡県(大14・6・11),佐賀県(大14・6・11)
史跡名勝天然記念物

カササギはカラスより一回り小さく,黒い翼には白斑があって美しい。佐賀平野一帯に分布が限られ,豊臣秀吉が朝鮮半島から持ち帰ったものがこの地で野生化したと言われている。クスノキなどの高木に1メートルもの球状の巣を作る。

かさヽぎ Pica pica cericea Gould ハ元本邦ノ産ニアラズ豊公朝鮮征伐ノ頃北部九州ニ移殖セラレタルモノト云ハレ現時ハ野生ノ状態ニアル著名ナルモノナリ

作品所在地の地図

関連リンク

カササギ生息地チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島直茂宛て豊臣秀吉朱印状
コウノトリ
向島タヌキ生息地
ザリガニ生息地
武雄鍋島家文書
ページトップへ