旧木下家住宅(福井県勝山市北郷町) 主屋 きのしたけじゅうたく(ふくいけんかつやましきたごうちょう) しゅおく

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

その他の画像全3枚中3枚表示

住居建築 / 江戸 / 中部 

福井県
江戸末期/1836
桁行17.7m、梁間9.6m、東面突出部 桁行3.8m、梁間7.5m、西面突出部 桁行3.7m、梁間5.0m、入母屋造、茅葺
1棟
福井県勝山市北郷町伊知地5号3番地
重文指定年月日:20100629
国宝指定年月日:
勝山市
重要文化財

 旧木下家住宅は、勝山市の西郊に所在する民家で、その建設には、永平寺大工が関わった。正面の左右に突出部を設ける、いわゆる両袖造(りょうそでづくり)の外観をもつ。平面は、正面側を板敷の広間とし、その奥に、2列に座敷を配置している。
 旧木下家住宅は、越前地方に分布した前広間型(まえひろまがた)平面を基本として、発展した形式をもつ大型民家であり、越前地方における民家の変遷を示すものとして重要である。また、永平寺大工が関わった質の高い民家としても、高い価値が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

旧木下家住宅(福井県勝山市北郷町) 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧谷口家住宅(旧所在 福井県武生市横市町)
江藤家住宅(熊本県菊池郡大津町) 主屋
千葉家住宅(岩手県遠野市綾織町) 主屋
相木家住宅(福井県丹生郡宮崎村)
千葉家住宅(岩手県遠野市綾織町) 大工小屋
ページトップへ