方等上流砂防堰堤 ほうとうじょうりゅうさぼうえんてい

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 昭和以降 / 関東 

栃木県
昭和中/1952
重力式コンクリート造堰堤、堤長53m、堤高30m、副堰堤付
1基
栃木県日光市二荒山地先
登録年月日:20030131
国(国土交通省)
登録有形文化財(建造物)

男体山を水源とする大谷川左支深澤筋に築かれた重力式練積堰堤。男体山山腹に放射状に発達した蝕渓から供給される土砂を高さ30mに及ぶ堤体で防ぐ。精緻な石積の外観と,周囲に回復された緑の中に映える水流が,いろは坂からの俯瞰景に彩りを添えている。

作品所在地の地図

関連リンク

方等上流砂防堰堤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

丹勢山砂防堰堤
小米平砂防堰堤
烏川上流砂防堰堤
清水川第五堰堤
稲荷川第三砂防堰堤
ページトップへ