大日向の火とぼし おおひなたのひとぼし

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 関東 

選択年月日:20060315
保護団体名:大日向区
備考:公開日:毎年8月14・15日(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

大日向の火とぼしは、甘楽郡南牧村大日向に伝承される盆の先祖供養の火祭りで、8月14・15日の2日間行われる。火とぼし山と呼ばれる集落近くの山に子どもたちが登り、麦藁で作った大松明に点火して里に降り、その火を小さな松明に移して、子どもをはじめ地区の男性たちが橋の上や川原で一斉に振り回す行事である。(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

大日向の火とぼしチェックした作品をもとに関連する作品を探す

宮島のタノモサン
庄内のモリ供養の習俗
隠岐西ノ島のシャーラブネ
東坊城のホーランヤ
大畑のからかさ万灯
ページトップへ