大般若経 巻第九十六(魚養経) だいはんにゃきょう かんだい96(ぎょようきょう)

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 奈良県 

奈良時代 8世紀
紙本 墨書 楮紙 墨界(巾2.35㎝) 巻子 (軸)白密陀撥型軸
縦27.5 長1076.9 20紙(原表紙共 一紙巾56.3㎝ 一紙24行)
1巻
薬師寺(奈良)伝来

 『大般若経』は、唐の玄奘三蔵が龍朔3年(663)に漢訳を完成した大部の経典で、600巻から成る。攘災招福のために読誦されることが多く、わが国では奈良時代から江戸時代まで、盛んに書写され、また摺写された。
 この『大般若経』は薬師寺に伝来したもので、能筆の朝野魚養が書写したという伝承から「魚養経」と呼ばれる。大正年間に大部分が寺から出てしまったが、480巻余りの存在が確認されており(うち藤田美術館に387巻)、それらの校合奥書や正倉院文書から、宝亀元年(770)頃に官立の写経所(奉写一切経所)で書写されたことが判明する。文字はやや大ぶりで量感に溢れており、奈良時代後期を代表する写経遺品である。
 巻首の首題部分に「薬師寺印」の朱円印、第一紙の紙背に「薬師寺金堂」の黒印が捺されている。撥型の軸首は白密陀の手法によるものである。

奈良国立博物館の名宝─一世紀の軌跡. 奈良国立博物館, 1997, pp.301-302, no.110.

作品所在地の地図

関連リンク

大般若経 巻第九十六(魚養経)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大般若波羅蜜多経巻第四百九十五(薬師寺経)
大般若波羅蜜多経 巻第二百九十八 初分難聞功徳品 断簡
華厳経 巻第七十
紙本墨書大般若経巻第二百七
阿闍世王経 巻下(五月一日経)
ページトップへ