紙本墨書大般若経巻第二百七 しほんぼくしょだいはんにゃきょうまきだいにひゃくなな

文書・書籍 / 奈良 

奈良時代後期
27.8×1052.8
1巻
九州国立博物館 福岡県太宰府市石坂4-7-2
重要美術品(昭和10.12.13)
国(文化庁)

本経は、奈良時代後期を代表する写経として名高く、謹厳で力強い筆致と肉太でやや大きめの字体に特徴がある。その特徴から、能書家として知られる朝野宿禰魚養が書写したと伝えられるところから魚養経と呼ばれる。奈良・薬師寺に伝来したことを示す朱印「薬師寺印」が巻頭にみえ、薬師寺経とも称される。

関連リンク

紙本墨書大般若経巻第二百七チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大般若波羅蜜多経 巻第二百九十八 初分難聞功徳品 断簡
大般若波羅蜜多経巻第四百九十五(薬師寺経)
大般若経 巻第九十六(魚養経)
大般若経巻第五百二十七
中阿含経 巻第九(善光朱印経)
ページトップへ