大般若経巻第五百二十七 だいはんにゃきょうまきだいごひゃくにじゅうなな

文書・書籍 / 奈良 

奈良時代 天平2年/730
25.6×919.4
1帖
九州国立博物館 福岡県太宰府市石坂4-7-2
国(文化庁)

本経は、奥書によれば、天平2年(730)3月上旬に書写を始めた大般若経6百巻のうちの1巻で、写経者は平城京右京7条2坊の黄君満侶であることがわかる。官営の写経所以外で書写された数少ないもので、奈良朝写経のありようが窺える貴重な遺品である。巻末にみえる朱書の「句切了、永恩」は、興福寺僧永恩が貞永年間(1232~1233)に本文の句切りを朱点で加えたことを示している。

関連リンク

大般若経巻第五百二十七チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大般若波羅蜜多経 巻第二百九十八 初分難聞功徳品 断簡
紙本墨書大般若経巻第二百七
大般若経 巻第二十三(和銅五年長屋王願経)
中阿含経 巻第九(善光朱印経)
小品般若波羅蜜経巻第九(光明皇后御願経・五月一日経)
ページトップへ