秋吉台 あきよしだい

その他の画像全2枚中2枚表示

天然記念物 / 中国・四国 

山口県
美祢市
指定年月日:19611019
管理団体名:美祢市(昭41・7・21)
史跡名勝天然記念物

秋吉台は長径約17キロメートル、短径約7.5キロメートル、広さ約130平方キロメートル、海拔200〜400メートルの台地であって、主に古生代の石灰岩から成り代表的なカルストである。
台地にはドリーネ、ウバーレ、ポリエ、カレンフエルド、石灰洞などカルスト地形の諸要素がよく発達し、またカルスト発達の諸時期の地形をよく現わしている。次に台地の石灰岩には紡錘虫、珊瑚など種々の化石を多量に産し、なお、これに大規模な地層逆転構造があって、学術上価値の極めて高いものである。
S39-06-005秋吉台(特別天然記念物).txt: 秋芳町と美東町にまたがる石灰岩台地で、わが国で最大の規模をもつカルスト地形として、すでに昭和36年に天然記念物に指定されているが、今回これを格上げしたものである。台上にはドリーネ・ウバーレ・ポリエ・カレンフェルドその他カルスト特有の諸現象が標式的にあらわれ、地下には秋芳洞はじめ多数の石灰洞が発達している。

作品所在地の地図

関連リンク

秋吉台チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下地島の通り池
秋芳洞
小笠原南島の沈水カルスト地形
入水鍾乳洞
寺山の穴
ページトップへ