鉄道馬車往復京橋煉瓦造ヨリ竹河岸図

木版画 / 明治 / 日本 

歌川広重(三代目)
明治15年/1882年
木版画
1
郵政博物館
日本郵政株式会社

明治15年頃の京橋の風景が描かれています。明治15年6月25日に新橋-日本橋間に鉄道馬車が初めて走るようになりました。鉄道馬車は庶民の足として貴重な乗り物でした。鉄道馬車の脇を、当時流行の赤い人力車が走っています。画面後方の建物は、煉瓦造りの洋風建築に建て替えた「みすや」の針問屋、玉寿司、牛肉の「松田」です。

作品所在地の地図

関連リンク

鉄道馬車往復京橋煉瓦造ヨリ竹河岸図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東京名所 日本橋京橋之間鉄道馬車往復之図
東京名所之内日本橋真景
東京名所之内日本橋真景

小林幾英(筆)

東京名所京橋鉄道馬車往復煉瓦家ノ図
東京名所図会 海運橋通り 第一国立銀行
筋違万代橋租税寮之図
筋違万代橋租税寮之図

歌川広重(三代目)

ページトップへ