光明寺本堂内厨子 こうみょうじほんどうないずし

宗教建築 / 室町 / 関東 

神奈川県
室町後期/1498
一間厨子、入母屋造、本瓦形板葺
1基
神奈川県平塚市南金目
重文指定年月日:19700617
国宝指定年月日:
光明寺
重要文化財

光明寺は坂東三十三箇所の第七番札所で、この厨子内に本尊聖観音を祀る。厨子は正面一間通りを吹放しにする唐様一間厨子で、明応七年(一四九八)本堂とともにつくられたものである。この厨子は室町時代末期の厨子として鯱、懸魚など細部までよく保存されており、当時の様式を示す貴重な作例である。

作品所在地の地図

関連リンク

光明寺本堂内厨子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

医王寺本堂内厨子
西明寺本堂内厨子
財賀寺 本堂内厨子
福成寺本堂内厨子及び須弥壇
法用寺本堂内厨子及び仏壇
ページトップへ