Egawakejuutaku Shuoku

江川家住宅(静岡県田方郡韮山町) 主屋

Details

Egawakejuutaku Shuoku

江川家住宅(静岡県田方郡韮山町) 主屋

住居建築 / 江戸 / 中部

静岡県

江戸前期/1615-1660

桁行25.4m、梁間18.8m、入母屋造、東面玄関付、銅板葺

1棟

静岡県伊豆の国市韮山韮山1番地

重文指定年月日:19580514
国宝指定年月日:

財団法人江川文庫

重要文化財

江川家は中世以来の武家の家柄で、江戸時代には世襲代官を務め当地方を広く支配し、歴代当主の中でも坦庵江川太郎左衛門英龍は幕末の科学者、技術者として有名である。土間を含む北側部分は江戸初期の建築で、その後改造を重ねて現状に近い姿になった。広大な土間空間を形づくる梁組と幾重にも連なる小屋組は壮観である。

Related Works

Search items related to work chosen