韮山役所跡 にらやまやくしょあと

史跡 / 中部 

静岡県
伊豆の国市
指定年月日:20040930
管理団体名:伊豆の国市(平17・6・17)
史跡名勝天然記念物

韮山役所跡は、韮山町の東部の丘陵端に所在する江戸幕府の世襲代官であり、代々太郎左衛門を名乗った江川家の幕府代官役所跡である。
江川氏は、清和源氏宇野頼親を祖とし、初め大和国奥之郷宇野にいたが、のちに伊豆国八牧郷江川に移った。十代治長は源頼朝の挙兵を助けて江川荘を安堵され、二十一代英信の時に姓を江川に改めた。戦国期以降は後北条氏の配下にあったが、二十八代英長は小田原攻めの際に徳川家康に従い、慶長元年(1596)世襲代官に任用されたのである。初期の幕府代官は在地領主的な者が多かったが、江戸中期までに多くは職を解かれた。その中で江川家は幕末まで世襲代官として残り、所管地も元禄期頃には伊豆、相模のほかに武蔵も支配したとされる。三十六代英龍の時には、伊豆、駿河、相模、武蔵に加え天保9年(1838)に甲斐幕領を加えて12万石余を支配し、晩年の安政元年(1854)には武蔵での支配地を拡大し、26万石余を支配した。
韮山代官の役所は、江戸と韮山に分かれ、江戸では武蔵、相模、甲斐を、韮山では伊豆、駿河を管轄した。支配地が広大であることから補助機関として三島陣屋(旧三島代官所)が機能し、さらに手代たちを配した出張陣屋が年貢徴収や民政全般に対応した。
韮山代官としては、伊豆の島方支配、御林山管理、代官貸し付け金融、綿羊、甘藷等の殖産興業の仕事も行った。特に、文人坦庵として著名な三十六代英龍は、早くから海防問題に注目し、幕府の軍事顧問として軍制改革に関わり、反射炉による大砲の鋳造や農兵設置に尽力するとともに、敷地内に江川塾(後の旧制韮山中学校)を開設する等、地域…

作品所在地の地図

関連リンク

韮山役所跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

韮山代官江川家関係資料
江川家住宅(静岡県田方郡韮山町) 主屋
韮山反射炉
多羅尾代官陣屋跡
下総小金中野牧跡
ページトップへ