高野山霊宝館宝蔵 こうやさんれいほうかんほうぞう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 大正 / 近畿 

和歌山県
大正/1920
鉄筋コンクリート造平屋建,銅板葺,建築面積96㎡
1棟
和歌山県伊都郡高野町高野山306
登録年月日:19980902
財団法人高野山文化財保存会
登録有形文化財(建造物)

この棟のみ鉄筋コンクリート造とする。桁行36尺,梁間24尺,建坪24坪,寄棟屋根の収蔵庫で,校倉造の形式を有する。校倉形式の鉄筋コンクリート造建築としては最初のもので,大江新太郎設計になる明治神宮宝物殿(大正10年)の習作と考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

高野山霊宝館宝蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高野山霊宝館紫雲殿
高野山霊宝館南廊及西廊
高野山霊宝館玄関・北廊・中廊
高野山霊宝館放光閣
明治神宮宝物殿 北廊
ページトップへ