高野山霊宝館紫雲殿 こうやさんれいほうかんしうんでん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 大正 / 近畿 

和歌山県
大正/1920
木造平屋建,銅板葺,建築面積226㎡
1棟
和歌山県伊都郡高野町高野山306
登録年月日:19980902
財団法人高野山文化財保存会
登録有形文化財(建造物)

高野山開創1100年記念として計画された宝物館で,当初は右翼を含む日の字形の配置計画であった。設計は大江新太郎と奥本吾市。当地の厳しい気候条件を考慮して,宝蔵を除き木造漆喰塗とする。紫雲殿は正面奥に位置する単層切妻造の建物で正殿にあたる。

作品所在地の地図

関連リンク

高野山霊宝館紫雲殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高野山霊宝館玄関・北廊・中廊
高野山霊宝館宝蔵
高野山霊宝館放光閣
高野山霊宝館南廊及西廊
橋本警察署高野幹部交番
ページトップへ