絹本著色釈迦金棺出現図 けんぽんちゃくしょくしゃかきんかんしゅつげんず

絵画 / 平安 / 近畿 

京都府
平安
1幅
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:
国宝指定年月日:19510609
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

釈迦如来が涅槃に入った直後,摩耶夫人は天から駆けつけ,釈迦の金の棺に取りすがって嘆き悲しんだ。ときに,釈迦は神通力をもって棺の中から身を起こし,母のために説法したという,仏教説話を絵画化したもの。本図はこの主題を大画面に劇的に構成した平安時代後期の作品で,日本の仏教絵画を代表する傑作の一つといえる。160×229.5㎝。

作品所在地の地図

関連リンク

絹本著色釈迦金棺出現図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

釈迦金棺出現図
絹本著色山水屏風〈/六曲屏風〉
絹本著色閻魔天曼荼羅図
絹本著色男山八幡宮曼荼羅図
絹本著色興福寺曼荼羅図
ページトップへ