絹本墨画蓮池白鷺図 けんぽんぼくがれんちはくろず

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 /  / 近畿 

京都府
2幅
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19800606
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

荷花に水禽を配した蓮池水禽図は、北宋以来、江南の花鳥画家達によって盛んに描かれ、わが国にも早くからの伝来を見ている。そのうち、著色画である知恩院本、東京国立博物館本はすでに、重要文化財に指定されているが、本図は水墨画による遺例の一つである。図様は定型化した構図によっているが、蜻蛉などの虫類が加えられており、草虫画的な興味が添えられている。描写は没骨描を旨とし、よく水墨の潤いのある表現を保っており、時代は元時代もそれほど降らぬものと思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

絹本墨画蓮池白鷺図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色草虫図
紙本墨画蓮池水禽図〈俵屋宗達筆/〉
絹本著色草虫図
紙本墨画仙人高士図〈/六曲屏風〉
紙本著色四季花鳥図〈/六曲屏風〉
ページトップへ