文化遺産オンライン

絹本著色草虫図

けんぽんちゃくしょくそうちゅうず

作品概要

絹本著色草虫図

けんぽんちゃくしょくそうちゅうず

絵画 / / 近畿

京都府

2幅

京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527

重文指定年月日:19810609
国宝指定年月日:
登録年月日:

独立行政法人国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

草花や蔬花に様々な虫などを描き加えた図を古くから草虫画と呼び習わしている。現在の江蘇省武進県にあたる「毘陵」の印を有する本図は、宋代から明代にかけて盛んに描かれた草虫画の画系やバラエティ等を考える上で重要な遺例である。中国では、草虫画は歴史的に淘汰されてしまったが、我が国では大切に愛玩され、近世の草花図に何らかの影響を与えていると考えられている。本図をはじめとする草虫画は我が国における船載中国画の在り様の典型的な例であるといえるであろう。

絹本著色草虫図をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

京都 / 東山 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索