絹本墨画寒林帰樵図 けんぽんぼくがかんりんきしょうず

絵画 /  / 近畿 

京都府
1幅
京都国立博物館 京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19780615
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

図は簡略な筆で荒涼たる趣の山水を描いたもので、皴法や点苔など、その山水画法は南宗画的な特色をもち、禅林水墨画の時代的特徴をよく示している。賛者の平山処林は浄慈寺の僧で至正二十一年(一三六一)に歿しているので、本図は元代至正年頃の作と推察される。

作品所在地の地図

関連リンク

絹本墨画寒林帰樵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本墨画四睡図
紙本墨画雪裡三友図
紙本墨画舟行送別図
紙本著色山茶花小禽図
絹本墨画蓮池白鷺図
ページトップへ