紙本墨画仙人高士図〈/六曲屏風〉

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 安土・桃山 / 近畿 

京都府
桃山
一双
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19820605
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

近世初期障屏画における群仙図は、狩野派をはじめとして長谷川等伯、海北友松なども手懸けているが、遺品のうえからすると狩野派の作例が最も多く、本図もその一例に数えられる。この屏風は引手痕の存在や紙継ぎからみて、もと襖絵であったことが明らかであり、かつてはどこかの禅寺の方丈を飾っていたことも推測されよう。画中に描かれている人物の名は明らかにし得ないものもあるが、それぞれに関連のある場面を描いたわけではなく、むしろ構図に主眼を置いて、適宜人物を配したものと思われる。いずれにせよ、巨松を連ねる大胆な構図や、余白を生かした大きな空間構成には、永徳風な桃山時代の感覚があふれており、遺例まれな永徳画を考える上で不可欠の重要な作例ということができよう。

作品所在地の地図

関連リンク

紙本墨画仙人高士図〈/六曲屏風〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

仙人高士図
仙人高士図

伝狩野永徳

紙本金地著色洛中洛外図〈狩野永徳筆/八曲屏風〉
紙本墨画松林図〈長谷川等伯筆/六曲屏風〉
絹本著色草虫図
紙本著色浜松図〈/六曲屏風〉
ページトップへ