文化遺産オンライン

紙本著色浜松図〈/六曲屏風〉

作品概要

紙本著色浜松図〈/六曲屏風〉

絵画 / 室町 / 関東

東京都

室町

一双

東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9

重文指定年月日:19690620
国宝指定年月日:
登録年月日:

独立行政法人国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

浜松図は名所絵の画題としてはじまった。古くから障屏画に好んで描かれ、絵巻物の画中にもしばしば見ることができる。代表的な遺品には本図のほか里見家本・小坂家本(重文)がある。いずれも室町時代の制作であるが、各々図様・画趣を異にしている。特に本図は単に浜松の景を画くのではなく、松や柳にきれいに咲く草花、小禽を配し、さらに狩猟・漁撈の光景など風俗画的なおもしろさを加え、全く他に類例のない多彩な構成をとっている。近世障屏画中でも類品のない意義深い作例である。室町時代末期、土佐派を学んだ画人の手になるものと思われる。

関連作品

チェックした関連作品の検索