窓外の化粧 そうがいのけしょう

油彩画 / 昭和以降 / 日本 

古賀春江 (1895-1933)
こがはるえ
1930
油彩,カンヴァス
160.5×128.0
神奈川県立近代美術館

 落下するパラシュート、ビルの上で手足を広げる踊り子、顔のない人物からは巨大な手が突き出ている。近代化する都市を象徴するさまざまなイメージをモンタージュしたこの作品は、《海》(1929年、東京国立近代美術館蔵)とともに古賀春江の代表作として知られている。この作品は、《サーカスの景》(当館蔵)とともに生前の古賀と交友があった小説家川端康成から寄贈されたもので、川端はともに前衛を志した者として若くしてこの世を去った画家の死を悼み、自らの作品のなかでも語っている。なお、この作品には、「晴天の爽快なる情感、蔭のない光。/過去の雲霧を切り破つて、/埃を払つた精神は活動する。/最高なるものへの最短距離。/計算機が手を挙げて合図する。/気体の中に溶ける魚。/世界精神の絲目を縫ふ新しい神話がはじまる」という画家自身による自作解題がある。

作品所在地の地図

関連リンク

窓外の化粧チェックした作品をもとに関連する作品を探す

煙火
煙火

古賀春江

観音
観音

古賀春江

海

古賀春江

ヴィーナスの勝利
ヴィーナスの勝利

ブーシェ、フランソワ

遊園地
遊園地

古賀春江

ページトップへ