照林坊御成の間 しょうりんぼうおなりのま

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 中国・四国 

広島県
昭和前
木造平屋建、瓦葺、建築面積117㎡
1棟
広島県三次市三次町1280
登録年月日:20110725
宗教法人照林坊
登録有形文化財(建造物)

客殿の東南に廊下を介して続く。入母屋造桟瓦葺で、周囲に下屋をまわす。東西に3室を並べ、周囲に縁をまわし、南背面に浴室や便所を付設する。東端を主室とし、トコやトコ脇、付書院を構える。各室に棹縁天井を張り、砂壁として、落ち着きのある設えをなす。

作品所在地の地図

関連リンク

照林坊御成の間チェックした作品をもとに関連する作品を探す

照林坊客殿
照林坊本堂
安楽寺書院
五明家住宅離れ座敷
植木家住宅離れ
ページトップへ