畠中家住宅主屋 はたけなかけじゅうたくしゅおく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 中国・四国 

高知県
明治/1868-1911
木造平屋建、瓦葺、建築面積182㎡、北蔵及び釜屋付
1棟
高知県安芸市土居字東高園633
登録年月日:20100428
登録有形文化財(建造物)

敷地の中央に南面して建つ。切妻造桟瓦葺で、周囲に庇をまわし、背面に2階建の釜屋を付設。西に玄関や茶の間を置き、東半部は田の字型に表座敷や次の間などを配し、南に幅広の縁を通す。表座敷は天井が高く、良質なトコやトコ脇を構える、明朗な室空間である。

作品所在地の地図

関連リンク

畠中家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

畠中家住宅道具蔵
大石家住宅東部屋
岩崎家住宅主屋
五藤家住宅離れ
畠中家住宅米蔵及び衣装蔵
ページトップへ