玉若酢命神社 社家億岐家住宅 たまわかすのみことじんじゃ しゃけおきけじゅうたく

住居建築 / 江戸 / 中国・四国 

島根県
江戸後期/1801
桁行19.0m、梁間11.8m、入母屋造、茅葺、正面玄関庇附属、杉皮葺
1棟
島根県隠岐郡隠岐の島町下西
重文指定年月日:19920121
国宝指定年月日:
重要文化財

玉若酢命神社は隠岐島後東部にある古社で、億岐家が社家として代々神職を勤めている。
 本殿は、正面に茅葺の切妻屋根をみせる規模の大きな建築で、隠岐に特色的な形式をもつ。随神門は、通路をはさんで、左右に向かい合わせて二体の像を安置する隠岐によく見られる形式をとる。また本殿・随神門に関わる普請文書等の史料がよく残り、当時の造営の様子がわかる。
 億岐家住宅は隠岐を代表する大型民家で、神棚をまつる「神前の間」や「ミソギベヤ」を持つなど、社家としての特徴を持つ。
 玉若酢命神社は、神社と社家が一体となって良好な景観を残しており、価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

玉若酢命神社 社家億岐家住宅チェックした作品をもとに関連する作品を探す

玉若酢命神社 随神門
玉若酢命神社 本殿
水若酢神社本殿
玉若酢命神社 本殿 随神門 拝殿
玉若酢命神社の八百スギ
ページトップへ