絹本著色北条実時像 けんぽんちゃくしょくほうじょうさねときぞう

絵画 / 鎌倉 / 関東 

鎌倉
1幅
重文指定年月日:19000407
国宝指定年月日:19660611
登録年月日:
称名寺
国宝・重要文化財(美術品)

本図は″四将像″の名で金沢北条氏の菩提寺、称名寺【しようみようじ】に伝わったもので、歴史上著名な武人の一門四代にわたる肖像画として、文化史的にもきわめて価値の高いものである。画像の製作時期はいずれも像主の生存年代に近く、描写もすぐれ、鎌倉時代の代表的作品である。なお、附【つけたり】指定された顕弁像は貞顕の兄に当たり、鶴岡八幡宮の別当として僧正にまでなった人である。

関連リンク

絹本著色北条実時像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色伝足利義政像
絹本著色三十三所観音像
{称名寺聖教/金沢文庫文書}
絹本著色無準師範像
絹本著色佐藤一斎像〈渡辺華山筆/〉
ページトップへ