桑原家住宅(岐阜県養老郡上石津町) 主屋 くわはらけじゅうたく しゅおく

住居建築 / 江戸 / 中部 

岐阜県
江戸中期/1734
桁行29.1m、梁間13.8m、一部二階建、切妻造段違、四面庇付、桟瓦葺、
南面西方本玄関、茶室、東方供侍部屋、北面西方高い間、東方流し附属
1棟
岐阜県大垣市上石津町一之瀬365番
重文指定年月日:19711228
国宝指定年月日:
重要文化財

桑原家住宅は美濃石津郡の郷士の住宅で、主屋の他米倉、西倉、北倉、表門が重要文化財に指定されている。 屋敷は山の斜面を切り開いて作られたもので、宅地中央に主屋を構え、その周囲に附属屋を配する。
 郷士の住宅としての屋敷構えがよく残り、高い石垣や土塀、池庭などはこの家のかつての社会的地位を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

桑原家住宅(岐阜県養老郡上石津町) 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

桑原家住宅(岐阜県養老郡上石津町) 北倉
桑原家住宅(岐阜県養老郡上石津町) 南土蔵
桑原家住宅(岐阜県養老郡上石津町) 西倉
桑原家住宅(岐阜県養老郡上石津町) 米倉
桑原家住宅(岐阜県養老郡上石津町) 表門
ページトップへ