楠戸家住宅米蔵 くすどけじゅうたくこめぐら

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 中国・四国 

岡山県
明治/1868-1911
土蔵造2階建、瓦葺、建築面積96㎡
1棟
岡山県倉敷市東町1-20
登録年月日:19961220
楠戸合名会社
登録有形文化財(建造物)

屋敷地の背後に建つ米蔵は,2階建,本瓦葺,大壁造の長大な建物で,腰廻りや水切りの小庇等は海鼠壁とする重厚な意匠からなる。基礎は一段高い切石積みとなる。東妻側は背後への通路を兼ねる。他の蔵とも,明治期の屋敷地の構成を知る上で重要な建物である。

作品所在地の地図

関連リンク

楠戸家住宅米蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

楠戸家住宅道具蔵
楠戸家住宅炭倉
西江家住宅道具蔵
楠戸家住宅塀
西江家住宅書庫
ページトップへ