文化遺産オンライン

佐藤家住宅東土蔵

さとうけじゅうたくひがしどぞう

概要

佐藤家住宅東土蔵

さとうけじゅうたくひがしどぞう

住居建築 / 江戸 / 中国・四国 / 岡山県

岡山県

明治/1830~1868

土蔵造2階建、瓦葺、建築面積27㎡

1棟

岡山県倉敷市福田町古新田字四之割294

登録年月日:20190329

登録有形文化財(建造物)

主屋北側に南面して建つ道具蔵。土蔵造二階建、東西棟の切妻造本瓦葺で、正面に下屋を通し、西寄りに戸口を設ける。外壁は漆喰塗で腰と妻面を縦板張とする。上下階とも板敷で、小屋は登梁である。備前地方平野部の農家の伝統的な屋敷構えを構成している。

佐藤家住宅東土蔵をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

土蔵 / / / 漆喰

関連作品

チェックした関連作品の検索