竹村家住宅(高知県高岡郡佐川町) 主屋 たけむらけじゅうたく しゅおく

その他の画像全3枚中3枚表示

住居建築 / 江戸 / 中国・四国 

高知県
江戸後期/1780頃
店舗部 桁行12.3m、梁間13.6m、切妻造、桟瓦葺
座敷部 桁行11.9m、梁間9.9m、一部二階建、切妻造、桟瓦葺、北面突出部附属
1棟
高知県高岡郡佐川町甲字東町1301番地
重文指定年月日:20071204
国宝指定年月日:
重要文化財

 竹村家は、佐川屈指の商家で、江戸後期に苗字帯刀と酒造を許されて酒造業を手がけるとともに、幕府からの巡見使には宿所を提供していた。主屋は、東側の店舗部と西側の座敷部からなり、店舗部は安永9年(1780)頃、座敷部は天保9年(1838)の建築とみられる。店舗部は、広い吹き抜けの土間と、オモテ、チョウバなどの部屋をもつ町家形式で、座敷部は、座敷のほか茶室なども備えた接客空間をもち、当地に特徴的な意匠の座敷飾りや貼付壁を採用している。
 竹村家住宅は、幕府巡見使の宿所とされ、武家住宅に準ずる上質な座敷を備えるなど、土佐地方における有力商家の住宅として重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

竹村家住宅(高知県高岡郡佐川町) 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

竹村家住宅(高知県高岡郡佐川町) 表門
竹村家住宅(高知県高岡郡佐川町) 土蔵
旧吉原家住宅(福岡県大川市小保)
旧苅田家住宅(岡山県津山市勝間田町) 主屋
安岡家住宅(高知県香美郡香我美町) 主屋
ページトップへ