高倉神社 境内社春日社本殿 たかくらじんじゃ けいだいしゃかすがしゃほんでん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 安土・桃山 / 近畿 

三重県
桃山/1574
一間社隅木入春日造、檜皮葺
1棟
三重県伊賀市西高倉
重文指定年月日:19260419
国宝指定年月日:
高倉神社
重要文化財

高倉神社は大谷山の裾野に鎮座する、記紀が記す東征に由来する逸話をもつ古社である。現在の各社殿はいずれも天正2年(1574)仁木長政が再建したもので、三社を別棟として中央殿(本殿)及び左殿(八幡社)を流造、右殿(春日社)を春日造とし、蟇股内の彫刻、手挟、頭貫の木鼻等に桃山時代の特色をよく残している。

作品所在地の地図

関連リンク

高倉神社 境内社春日社本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高倉神社 境内社八幡社本殿
高倉神社 本殿
大村神社宝殿
櫛引八幡宮 末社春日社本殿
賀茂神社 摂社榲尾社本殿
ページトップへ