文化遺産オンライン

大村神社宝殿

おおむらじんじゃほうでん

作品概要

大村神社宝殿

おおむらじんじゃほうでん

宗教建築 / 安土・桃山 / 近畿

三重県

桃山/1587

一間社入母屋造、妻入、檜皮葺

1棟

三重県伊賀市阿保

重文指定年月日:19200415
国宝指定年月日:

大村神社

重要文化財

大村神社は、延喜式神明帳にみえる伊賀郡十一社に名を連ねる古社である。大村神社宝殿は元大村神社の本殿で、天正15年(1587)建立の形式を伝えるとともに、絵様や彫刻、色彩等も建築当初の姿をほぼ完全に残しており、桃山時代の神社本殿を知る上で貴重である。

大村神社宝殿をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ 本殿 / 神社 / 流造

関連作品

チェックした関連作品の検索