御上神社拝殿 みかみじんじゃはいでん

宗教建築 / 鎌倉 / 近畿 

滋賀県
鎌倉後期/1275-1332
桁行三間、梁間三間、一重、入母屋造、檜皮葺
1棟
滋賀県野洲市三上
重文指定年月日:18990405
国宝指定年月日:
御上神社
重要文化財

 御上神社は『延喜式』に式内社明神大社、月次に新嘗の官幣社として記載がある古社で、野洲川の流域、三上山の西麓に鎮座する。
 拝殿は四周に木口縁をまわす単純な形式で、様式手法上より、本殿と同時期の鎌倉時代の建立と推定される。本殿、楼門、摂社若宮神社本殿とともに14世紀の神社境内の様相を今に伝えており価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

御上神社拝殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御上神社本殿
気多神社 拝殿
大矢田神社 拝殿
高良大社 本殿・幣殿・拝殿
八幡神社 本殿、幣殿、拝殿
ページトップへ