御上神社本殿 みかみじんじゃほんでん

宗教建築 / 鎌倉 / 近畿 

滋賀県
鎌倉後期/1275-1332
桁行三間、梁間三間、一重、入母屋造、向拝一間、檜皮葺
1棟
滋賀県野洲市三上
重文指定年月日:18990405
国宝指定年月日:19521122
御上神社
国宝

 御上神社は『延喜式』に式内社明神大社、月次に新嘗の官幣社として記載がある古社で、野洲川の流域、三上山の西麓に鎮座する。
 本殿は様式手法上より鎌倉時代の建立と推定される。方三間屋根入母屋造で隅にのみ舟肘木をつけた比較的單純なものであるが、神社建築のうちでは古い遺構の一つで入母屋造であるのも比較的類例の少ない点文化史的意義が深い。

作品所在地の地図

関連リンク

御上神社本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御上神社拝殿
高良大社 本殿・幣殿・拝殿
六所神社 本殿、幣殿、拝殿
武並神社本殿
吉備津神社本殿及び拝殿
ページトップへ