文化遺産オンライン

鳳鳴酒造土蔵二

ほうめいしゅぞうどぞうに

概要

鳳鳴酒造土蔵二

ほうめいしゅぞうどぞうに

住居建築 / 江戸 / 近畿 / 兵庫県

兵庫県

江戸/1830-1867

土蔵造2階建、瓦葺、建築面積23㎡

1棟

兵庫県篠山市呉服町46

登録年月日:20030919

登録有形文化財(建造物)

主屋の背面側,敷地東側に建つ。南北棟,切妻造,桟瓦葺,建築面積23㎡の土蔵造2階建で,置屋根形式とし、置屋根の母屋桁等を塗り籠める。腰は海鼠壁とし,北面西よりに両開の扉を設け,上部に小窓を開く。立ちの高い立面が特徴で,土蔵建築の好例。

鳳鳴酒造土蔵二をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

土蔵 / 篠山 / 置屋 /

関連作品

チェックした関連作品の検索