Hotakejuutaku Imato

旧堀田家住宅 居間棟

Details

Hotakejuutaku Imato

旧堀田家住宅 居間棟

住居建築 / 明治 / 関東

千葉県

明治/1890

木造、建築面積109.07平方メートル、二階建、西面雪隠・北面廊下附属、桟瓦葺、東面玄関棟に接続

1棟

千葉県佐倉市鏑木町字諏訪尾余274番地

重文指定年月日:20060705
国宝指定年月日:

佐倉市

重要文化財

旧堀田家住宅は,佐倉城址の南東にあり,最後の佐倉藩主である堀田正倫が建てたものである。明治23年にほぼ完成したとされる。
 座敷棟は,全体に良材を揃えた上質のつくりで,格式の高い空間をつくっている。書斎棟は,茶室を備え,内外とも瀟洒な数寄屋風意匠になっている。
 旧堀田家住宅は,庭園や眺望に対応した多彩な接客空間を異なる意匠で纏め上げ,つくりも上質で完成度が高く,近世以来の伝統技法をよく継承した大規模和風住宅として,重要である。
 また,建設経緯や施工内容等を豊富に残る普請関係資料と対照できる明治中期の上流住宅として,高い歴史的価値がある。

Related Works

Search items related to work chosen