文化遺産オンライン

旧堀田正倫別邸庭園

きゅうほったまさともべっていていえん

作品概要

旧堀田正倫別邸庭園

きゅうほったまさともべっていていえん

庭園 / 明治 / 千葉県

西村市右衛門(主屋)・伊藤彦右衛門(庭園)

にしむらいちえもん・いとうひこえもん

千葉県佐倉市

明治時代/1890竣工

主屋は木造平屋一部二階建て、寄棟造桟瓦葺一部金属板葺

32,529.52㎡

主屋6棟、土蔵・門番所・冠木門・茅門各1棟

千葉県佐倉市鏑木町274番地

主屋5棟・土蔵・門番所については「旧堀田家住宅」として国重要文化財に指定されています。

佐倉市

千葉県指定文化財名勝

 最後の佐倉藩主堀田正倫の邸宅で明治23年に竣工しました。近世武家住宅の形式を引き継ぎつつ、近代の新しい生活に合わせた部分も見られ、明治期における上級和風住宅の特色を良く示しています。台地縁辺に向かって緩やかに傾斜していく平地と築山によって構成された庭園には、眼下の高崎川や下総台地を借景にし、景石やマツ・サルスベリなどが配されています。
 旧堀田邸のような明治期における和風建築と庭園がともに残された旧大名家邸宅の遺例は全国的にみても珍しいものです。主屋、門番所、土蔵、冠木門、茅門を含む庭園は千葉県指定文化財名勝に指定されています。

旧堀田正倫別邸庭園をもっと見る

西村市右衛門(主屋)・伊藤彦右衛門(庭園)をもっと見る

旧堀田邸をもっと見る

キーワード

堀田 / 佐倉 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索