文化遺産オンライン

早稲田大学大隈記念講堂

わせだだいがくおおくまきねんこうどう

作品概要

早稲田大学大隈記念講堂

わせだだいがくおおくまきねんこうどう

近代その他 / 昭和以降 / 関東

東京都

昭和/1927

鉄骨鉄筋コンクリート造、建築面積1,225.95平方メートル、三階建、地下一階、鉄筋コンクリート造時計塔付
附・棟札 1枚
  昭和2年4月16日

1棟

東京都新宿区戸塚町一丁目104番地

重文指定年月日:20071204
国宝指定年月日:

学校法人早稲田大学

重要文化財

 早稲田大学大隈記念講堂は、創立者である大隈重信に対する記念事業として計画され、同大建築学科の佐藤功一教授と佐藤武夫助教授が設計し、同教授の内藤多仲が構造を担当し、昭和2年10月15日に竣工した。
 早稲田大学大隈記念講堂は、早稲田のシンボル的存在であり、ロマネスク様式を基調としてゴシック様式を加味した我が国近代の折衷主義建築の優品として、高い価値がある。また早稲田大学建築学科で永く教鞭をとり、多くの建築家を育てた佐藤功一の代表作としても重要である。

関連作品

チェックした関連作品の検索