書斎のドン・キホーテ しょさいのどん・きほーて

油彩画 

ドラクロワ、ウジェーヌ (1798-1863)
どらくろわ、うじぇーぬ
フランス
1824年
油彩、カンヴァス
35.0×32.0cm
1

1820年代のドラクロワは、スペインの画家たちに魅了されていた。彼はゴヤ、スルバラン、ムリリョを高く評価し、本作が描かれた1824年には、ベラスケスを模写している。このスペイン風の小品は、こうした時期に描かれた一つ。ラマンチャの郷士が騎士道の書物を読みながら、時代離れした英雄的な行為を夢想しており、司祭、家政婦、召使いが彼を現実に呼び戻そうとしている情景である。17世紀スペインを代表する物語として有名なセルバンテスの『ドン・キホーテ』(1605年)の正篇第1章から第6章に取材した作品。

作品所在地の地図

関連リンク

書斎のドン・キホーテチェックした作品をもとに関連する作品を探す

手綱を持つチェルケス人
手綱を持つチェルケス人

ドラクロワ、ウジェーヌ

オランのアラブ人
オランのアラブ人

ドラクロワ、ウジェーヌ

トゥーロン湾の眺め
トゥーロン湾の眺め

マルケ、アルベール

オランのアラブ人
オランのアラブ人

ドラクロワ、ウジェーヌ

田園の奏楽
田園の奏楽

ブーシェ、フランソワ

ページトップへ