ユディト ゆでぃと

油彩画 

コロー、ジャン=バティスト・カミーユ (1796-1875)
ころー、じゃん=ばてぃすと・かみーゆ
フランス
1872-74年頃
油彩、カンヴァス
105.5×62.2cm
1

19世紀風景画家の最高峰、コロー。とりわけ光のとらえ方は、印象派への道を開くものとなった。風景画の傑作を多数生みだした彼は、晩年の15年間、人物画を描くようになる。初期は家族・友人など身近な人物を肖像画風に描いたが、やがて、静かに夢想し、詩的な雰囲気の漂う人物を描く。ユディトは、ユダヤ民族の愛国の女傑。西洋絵画の主要モチーフの一つで、この「ユディト」にはそうしたコローの作風がよく表されている。

作品所在地の地図

関連リンク

ユディトチェックした作品をもとに関連する作品を探す

もの思い
もの思い

コロー、ジャン=バティスト・カミーユ

アントワーヌ・ド・ラ・ロックの肖像
アントワーヌ・ド・ラ・ロックの肖像

ヴァトー、ジャン=アントワーヌ

散歩
散歩

マネ、エドゥワール

饗宴
饗宴

フランケン、フランス(子)

トゥーロン湾の眺め
トゥーロン湾の眺め

マルケ、アルベール

ページトップへ