アントワーヌ・ド・ラ・ロックの肖像 あんとわーぬ・ど・ら・ろっくのしょうぞう

油彩画 

ヴァトー、ジャン=アントワーヌ (1684-1721)
う゛ぁとー、じゃん=あんとわーぬ
フランス
1718年頃
油彩、カンヴァス
46.0×54.5cm
1

アントワーヌ・ド・ラ・ロックは、ヴァトーの友人で、戦争で片足を失ったのを機に、その文才を生かして雑誌『メルキュール・ド・フランス』誌の編集長やオペラの台本作家として活躍した人物。 彼の傍らにある楽器や書物は、彼のこの第二の人生を連想させる。また、画面右側に描かれたミューズやファウヌスによって、寓意的・神話的な雰囲気が生まれている。友人の肖像であると同時に神話画的な雰囲気も併せ持つユニークな作品。田園牧歌趣味をロココ的に発展させ、雅宴画のジャンルを開いたヴァトーの確かな腕が光る名作。

作品所在地の地図

関連リンク

アントワーヌ・ド・ラ・ロックの肖像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

田園の奏楽
田園の奏楽

ブーシェ、フランソワ

占い師
占い師

パテル、ジャン=バティスト

若い婦人の肖像
若い婦人の肖像

ラルジリエール、ニコラ・ド

フェルテ=アンボー侯爵夫人
フェルテ=アンボー侯爵夫人

ナティエ、ジャン=マルク

ヴィーナスの勝利
ヴィーナスの勝利

ブーシェ、フランソワ

ページトップへ