文化遺産オンライン

法相宗曼荼羅

ほっそうまんだら

概要

法相宗曼荼羅

ほっそうまんだら

絵画 / 鎌倉 / 日本

日本

鎌倉時代

絹本着色

縦109.6㎝ 横55.5㎝

一幅

東京都港区南青山6-5-1

根津美術館

重要文化財

法相宗の諸師を系統的に図示した法相宗曼荼羅は、南都(奈良)の興福寺、薬師寺、法隆寺に伝存する。多くの作例が弥勒(みろく)菩薩を本尊とするのに対し、本図は釈尊を本尊とすることに特色がある。釈迦の右下に教主弥勒菩薩を表し、左右に無着(むちゃく)・世親(せしん)の兄弟をはじめとするインドの五祖師、その下方に中国の四祖師、さらに日本の三祖師である玄肪(げんぼう)・善珠(ぜんじゅ)・真興(しんごう)を配す。尊像や高僧にみられる穏やかな表現は、鎌倉時代後期の南都仏画の作風である。

法相宗曼荼羅をもっと見る

公益財団法人 根津美術館をもっと見る

キーワード

曼荼羅 / 鎌倉 / 法相 / 南青山

関連作品

チェックした関連作品の検索