イタリア的な風景 いたりあてきなふうけい

油彩画 

ハッカールト、ヤン (1629-1699)
はっかーると、やん
フランドル
17世紀
油彩、カンヴァス
88.5×109.5cm
1

17世紀のオランダで、イタリア的な風景画が流行した要因の一つに、オランダではまず見ることができない強い陽気な日射しと、詩情溢れる広大な田園での生活に対する人々の憧憬を挙げることができよう。古典の英雄や歴史物語に胸を踊らせていたとは判じがたく、それは画中に神話・歴史上の登場人物が配されず、物語性が含まれないことからも証明される。17世紀オランダの大都市に暮らす市民にとって、田舎での素朴な生活を夢想させてくれる風景画は、ほんの束の間でも心の清涼剤になったことであろう。

作品所在地の地図

関連リンク

イタリア的な風景チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木立のある風景
木立のある風景

ヘゥス、ウィルム・デ

小川のある森の風景
小川のある森の風景

ロラン、クロード(クロード・ジュレ)

饗宴
饗宴

フランケン、フランス(子)

田園の奏楽
田園の奏楽

ブーシェ、フランソワ

マンドリンを持つ女
マンドリンを持つ女

ザンピーギ、エウジェニオ・エドワルド

ページトップへ