池上本門寺宝塔 いけがみほんもんじほうとう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 関東 

東京都
江戸後期/1828
宝塔、瓦棒銅板葺
1棟
東京都大田区池上一丁目
重文指定年月日:20101224
国宝指定年月日:
重要文化財

 池上本門寺は日蓮宗の大本山で、宗祖・日蓮終焉(しゅうえん)の霊跡として知られる。宝塔は、上下層とも円形の平面をもつ木造の仏塔で、屋根は宝形造、銅板葺で、その上に露盤と相輪を載せる。宗祖の550回遠忌に際し、信徒の本願(ほんがん)により、文政11年(1828)に上棟した。
 宝塔は、内外とも彫刻や彩色によって荘厳化がはかられ、意匠的に高い価値が認められる。
 内部空間を持つ木造の宝塔は全国的にも類例が少なく、池上本門寺宝塔はそのうち最大規模の遺構である。

作品所在地の地図

関連リンク

池上本門寺宝塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅宝塔鈴
性海寺本堂及び宝塔 宝塔
厳有院霊廟奥院 宝塔
常憲院霊廟奥院 宝塔
旧馬場家牛込邸
ページトップへ