檜枝岐の舞台 ひのえまたのぶたい

その他の画像全4枚中4枚表示

有形民俗文化財 / 東北 

福島県
1件
南会津郡檜枝岐村字下ノ原880ほか
指定年月日:19760823
管理団体名:
備考:
重要有形民俗文化財

 檜枝岐の舞台は、檜枝岐村字居平の鎮守神の境内にある農村舞台である。
 明治26年(1893年)に焼失した古い舞台に模して、明治30年前後の再建されたものと推定されている。正面から見ると上部に破風があって入母屋造に見えるが、前面に廂がある切妻造で、軒端の様式はこの地域の民家などにみられる「兜造」となっている。
 舞台中央部に固定式の二重があり、その四方に角柱があって、二重の前後に唐紙を入れることができるようになっている。舞台の上手に座の低い太夫座があり、花道は上演時に設けられる。客席は、平土間の後方に階段状の座席があり、その後端には桟敷が仮設される。

作品所在地の地図

関連リンク

檜枝岐の舞台チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大桃の舞台
肥土山の舞台
田熊の舞台
八代の舞台
中山の舞台
ページトップへ